注文住宅で家を建てるなら本のスペースを

注文住宅で家を建てるのなら、「本の置き場所」は作った方がいいですよ。「書庫」を作れとまでは言いませんが、本棚のスペースをそれなりにとっておくことをお勧めします。だって、本を一冊も読まないという人はいないでしょう。とくに子供がいる家でしたら、本はどんどんと増えていきますよね。小説だけではなく、マンガや百科事典的な本、辞書にしても、いつの間にかどんどんと増えていきます。

それに大人である親御さんが買う本だって、いつの間にか増えていたりしますからね。そして、新聞ではなく書籍ですから、そうそう気軽に捨てられなかったりするのです。仕事で使った本なんかは、もうその仕事が終わったからと、気軽に処分することはできませんから。そしてだからこそ、一戸建て住宅に本の置き場所を確保することはとても大事なことだと思うんです。家に図書館のようなライブラリーコナーがあるって素敵ですよね。
注文住宅で家を作るのでしたら、本棚は造作家具にしてインテリアになじむように作ることをお勧めします。本棚にしても、一戸建て住宅にあって困るものではありません。むしろないと困るものだと思いますので、注文住宅で家を作るのでしたら本のスペースはお忘れなく。