大工さん渾身の階段

岐阜市のK様邸に階段がかかりました。大工さんの渾身の作品です
狂いのない見事な出来上がりに惚れ惚れ。K様邸の大工さん。共に、郡上のベテラン大工さんです。
休憩時間中に話していました。「この家は俺と田中さんだけで最後まできっちり仕上たいなぁ。」
当たり前のような一言ですが、自分達の仕事に誇りを持って取り組んでいる、職人らしい一言でした。
今日がこの子とのお別れの日です。ありがとうを言いに最後の残りお仕事をしに現場へいきました。
う~ん。なんか淋しい・・・。だけど、明日からはS様に大事に大事にしてもらえると思うと、この子も喜んでいる
ような気がします。明日は、S様にとっては待ちに待ったお引渡し。
きっといいお引渡し式になると思います。私がこのS様のおうちを造るお手伝いを出来て本当に良かったと思ってます。
これからも、宜しくお願いします。いよいよ、明日はF様邸の上棟です。今日は現場に柱や梁などの材料が納入されました。
たくさんの材料が静かに上棟を待っているようでした。この柱1本1本がこれからずーっと家を支えていくんだな~
昨日までぐずついていた天気も回復に向かい、明日は青空の下で建前ができそうです!愉しみです!!
PR:岐阜の木の家工務店で注文住宅を建てる